きものリサイクル ながもち屋 ONELINE SHOP

現在地
  1. トップ
  2. ONLINE SHOP
  3. 着・もの・かたり
  4. [節]のきもの語り(8)雅

[節]のきもの語り(8)雅

2018.07.13

[節]のきもの語り(8)雅

付下げみやび

「節」のきもの語り(7)雅(2018/7/12)

「みやび」は「宮ぶ」から出た言葉
本来の意味は宮廷風とでもいうのでしょうか。
そんな平安時代の貴族文化の香りのするものに遭遇すると
「雅」という言葉がスッと降りてまいります。
実際、その場に居合わせていたわけではないのに
ずっと知っているかのような錯覚にとらわれるのは何故でしょうか。

それはきっと
日常と遊離した貴族の感受性によって見出された美意識が
平安の昔から現代まで
脈々と受け継がれているから・・・・・なのでしょう

着物や帯には
雅な意匠が多く散りばめられています。
だからこそ
日常とは違う自分になりたいとき
着物はとても有効的なツールだと思うのです。

雅な着物
全体柄の裾部分の一部に、
平安期の和紙工芸、継ぎ紙技法を取り入れた「道長取り」の模様構成の付下げ
道長取りのなかにたおやか手刺繡による秋草が施されています。

雅な帯
秘曲歌仙文という銘のついた錦織の袋帯。この銘だけでも、充分雅な印象です。
歌仙とは優れた歌人のことで、
歌舞伎舞踊「六歌仙容彩」にもあるように
六歌仙とも呼ばれる在原業平・僧正遍昭・喜撰法師
・大友黒主・文屋康秀・小野小町の六人は平安期歌仙の代表的な存在です。

秘曲


付下げ/ 10,000円(税抜)92-572630-3

身丈:160㎝ 裄丈:65㎝ 袖丈:49.5㎝ 前巾:24.5㎝ 後巾:30.5㎝


袋帯/秘曲歌仙文 20,000円(税抜)92-577192-1

一覧へ戻る