きものリサイクル ながもち屋 ONELINE SHOP

現在地
  1. トップ
  2. ONLINE SHOP
  3. あかさか日記
  4. 1ダース記念日

1ダース記念日

2017.02.01

1ダース記念日

「絹・麻婚式」をご存じですか?

キモノに携わるお仕事をさせて頂いていると
時に、羨ましい程、仲睦まじい素敵ご夫妻に出会う事があります。

わたしが経験した、平平凡凡たる数十回のクリスマスの雰囲気より、心なしか、少しおとなしく感じた2016年の年の瀬。

赤坂見附駅の改札を抜けて、左手に広がる
“外堀通り”に掛けられた歩道橋。
年のころは40代半ばでしょうか。
お二人は、そこからご来店下さりました。

ご婦人は、ベージュの訪問着、黒の道行コート。
ご主人は、ピチッとアンサンブルのネイビースーツ。ウールのトレンチコート。

お話を伺うと、まもなく結婚12年。
今日は、赤坂へお食事だそう。

・・・

ん?
12年ってなんだ?
1ダースとかの流れの、なんかそういうやつ?
風水?縁起?

・・・どう考えても違うので・・・

聞いてみたところ
“絹婚式”または“絹・麻婚式”というものがあるようで
結婚12年目をそう呼ぶらしい。

50年目の『金婚式』や、25年目の『銀婚式』。
そんな流れで1年目から各年ごとに宝石や生地素材の名前が充てられているみたい。
※余談だけど、65年目を『ブルースターサファイア婚式』と呼ぶ。なんじゃそれっ!(笑)

お二人は、その記念日を、可能な限りのドレスアップをし
国会議事堂が最寄りの赤坂へ。


『日常の“ありがとう”。感謝を形に。』


なんて素敵!!!!!!


日本中のご夫婦やカップル、誰もがそう思っていて、
多かれ少なかれ、言葉や、形式的にも表現を行っていると思いますが。(そう思いたい!愛あるJAPAN!)
日常の感謝を、生涯“2億5000万秒分の1万秒”である【The 非日常】の特別な瞬間に照準を合わせて
着物を着付けてみたり、お仕事を早めに終わらせて駆けつけたり。

これって、できるようで中々できないと思うんです。
当然ながら、それぞれの環境があって、立場があって、時間の制限があるので
『今日、忙しかったし、まぁいっか』
それで、ドレスダウンしたり、色々グレードダウンしていくのが【The 日常】。
【The 日常】を何度も何度も何度も何度も繰り返して、老いていく訳で。


そういう心の持ちようが、きっと大切なんだろうなと。
何事も。



(miyako)



オンラインTOP

一覧へ戻る